吹き流し

 

もうすぐ子供の日

鯉のぼりの中にまざってヒラヒラしている、あの吹き流しの意味を知っている?
ズバリ「魔除け

 

医療が発達していない頃、疫病や栄養失調での乳幼児の死亡率が異常に高かったことが記録に残っています。

 

特に7歳までは「 いつ神様の元へ帰ってもおかしくない 」と思われていました。

 

そのため、我が子が健康にすくすく育つように、との祈りを込めたのです。

その色は5

 


これは五行(木火土金水)から来ているのです。

青 仁・・・・愛や思いやり、徳を積む、人間力を高める

 

赤 礼・・・・礼儀、礼節、家族関係

 

黄 信・・・・信用や信頼、友人や仕事関係

 

白 義・・・・正義、義務や決まりを守る

 

黒 智・・・・知識、学業の向上、考える力

これは人間の持つ5つの徳(五徳)とも言われているそう。


青は緑も含むし、黒は紫を含みますよ。

 


七夕の短冊もこの五色です。

そうそう、伊勢神宮と籠神社にしかないという五色の座玉があるのです。

木=東・青龍・青
火=南・朱雀・赤
土=中央(天位)黄
金=西・白虎・白
水=北・玄武・黒


五行、五色は宇宙の五大要素であり、
自然現象や人事現象の全てを解釈し説明するもの。

 

 

私たち日本人はずっと
この森羅万象の様々なエネルギーを崇め尊重する「五行説(思想)」の中で
生きてきたとも言えますね。

個性心理學も九星気学もアロマ風水も、持って生まれた星の持つ五行を読み解き、質や運気の流れを紐解いています。

今日から春の土用

 

今日から「土用」に入りました。
 
「土用」と言えば
大体の方は「土用のウナギ」を思い浮かべますよね。

 
「土用」は、本来季節の変わり目の時季を指し、春夏秋冬、4回あるのです🌸

それぞれ二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬に入る前の18日間。

 
土用は季節の変わり目、次の季節を迎えるための心身の準備をする時。


次の季節に合った身体にするために、いらないモノを排出させようとするのが自然界の摂理です。

 
だからそのように過ごすと良いのです。

今は春の土用で、5月5日の立夏まで続くわけ。

なぜ「土用」と言うのかと言うと

一年を五行(木・火・土・金・水)で表すと

→木気(成長)
夏→火気(燃え上がる)
秋→金気(実り~衰退)
冬→水気(凝縮し籠る)

となり、土気がないのです。

そこで、季節の変わり目がすべて「土気」に分類されました。

この時期に注意するのは、「土」に関すること。
土をいじることはNGなのです。

だからこの時期に土をほじくり返すような農作業、庭いじり、土木事業、建築は良くないと言われています。
 
春の土用は「木剋土」の関係性があり、五月病、気力減退などような状態が起こりやすいと言われています
疲れやすくもなるので無理をしないで過ごすことが大切なようで、
それこそ身体を休める、内臓を休めるためにファスティングをするなども良いと言われています(^-^)

そして土用殺は南東方位。旅行などではお気を付け下さい。
丁度GWの時期、本当は無理して遊びまわるより、この季節は静養して身体にエネルギーを充電する方が向いているのですね
🌸

桃の節句


お雛様は平安貴族が薬草で汚れを祓ったのが起源で
人形が身代わりになって邪気を祓うと信じられていたことから
それがのちに汚れを雛に移し川に流して汚れを祓う「流し雛」の形へと変化したそう。


江戸時代になってから、女の子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びついて
桃の節句が始まりました。


桃って悪を払うと言われているでしょ。
桃太郎の鬼退治もそうだし
イザナギノミコトが黄泉の国から逃げる時、追いかけて来た化け物に桃を投げたりする話もありますよね。

そう、桃には魔除けとか厄除けの意味があるのです。



 

因みに

 

 

ちらし寿司の具のエビは「長生き」、蓮根は「見通しがきく」、豆は「健康でまめに働ける」を意味していて、
貝類はペアになっていることから、良縁の象徴。


ひし餅の三色は、赤は桃、白は「雪」緑は「草」を表していて、3月という季節の情緒を表現しています。

 

ひなあられは、外でひな遊び(人形遊び)を楽しむときに持って行くための携帯していた食料が由来なのだそうですよ。

土用についてもう少し詳しく☆

 「土用」についてもう少し詳しく書きますね🌸
土用期間中は、破壊と腐食を意味する「五黄土星」の気を受ける時期だから

 

 この時期に避けた方が良い事

 引越

 土いじり(ガーデニングも)

 

 そこそこ気を付けた方が良い事

 増改築

 吉方位旅行

 穴を開けること(壁も、ピアスもNG)

 

まあまあ気を付けたほうが良い事 

 新居の購入

 造園・土木

 土を動かすこと

 開店・開業

 就職・転職

 結婚・結納

 

 

また、北東方位が土用殺になるので、気を付けなくてはいけません。
特に冬の土用は一番きついと言われているのです。

冬は「水」の
と言うとは、水+
土用→土剋水
土が水を剋する、泥水に濁らせる作用が起こるってこと。

自分が気付かないうちに、どんどん悪い方悪い方へと、物事が負の連鎖を起こしやすいのです💦 

 

土用明けの春分の日から2017年がスタートするので、この土用の時期の身体や心や様々な事への準備やメンテナンスはとっても大切ですね🌸

この期間にすると良い事は

大掃除と整理整頓、各種定期点検、季節に応じたお部屋の模様替え、ヒーリング、浄化、ファスティング・・などですよ(^.^)

 

ブログ始めました

17日から土用に入りました。

「土用」とは、本来季節の変わり目の時期を指します。 春夏秋冬、4回あるのです🌸

それぞれ二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬に入る前の18日間。

 

一年を五行で表すと春→木気(成長)・夏→火気(燃え上がる)・秋→金気(実り~衰退)・冬→水気(凝縮し籠る)となり、

季節の変わり目がすべて「土気」となります。

 

土用の時期は土公神と言って土の神様がいらしているとされています。
注意するのは、「土」に関すること。
土をいじることはNGなのです。 だからこの時期に土をほじくり返すような農作業、土木事業、建築は良くないと言われているのですよ。
この時期は疲れやすくもなるので無理をしないで過ごすことが大切なようで、 それこそ身体を休める、内臓を休めるためにファスティングをするなども良いそう(^-^)

次の季節への準備期間と言う事で、 整理整頓、自分磨き、静養など、身体にエネルギーを充電すると良いですね🌸